求人でチェックする点

求人内容を見るとき、さまざまな点をチェックするでしょう。家庭との両立が可能か、専業主婦としてのブランクは大丈夫かなどです。家事代行の求人では特にどんなチェック点を見ればいいのでしょう。

時給時給は1000円以上からスタートの業者が多いです。特別な資格がなくても、全国で最低賃金が高い東京の958円よりも高額な時給設定になっています。指名やスキルによって時給が上がる業者もあるので、やりがいに繋がります。マナーや責任感なども必要な仕事なので、低い時給だとモチベーションを保つのが難しい場合があるので注意しましょう。

研修制度がしっかりしているかもチェック点です。他人の家庭に入って仕事をするので、マナーや対応方法を身につけてプロの家事を行う必要があります。おじぎの仕方や効率のいい手順などです。普段の家事とお金をもらって行う家事の違いを研修で身につけることで、事前のクレームが予防や、自分の自信やスキルアップに繋がるでしょう。

勤務地と勤務日数も大切です。通いやすい勤務地への派遣は可能か、シフトに入る日数や1回の時間などです。家事代行は働く側の都合を重視して、週1日、2時間~など柔軟な対応をしている求人が多いです。自分にとっての許容範囲を明確にしましょう。

家事代行には主婦のスキルが最も求められています。チェックすべき点を踏まえてライフワークバランスのとれる家事代行求人を探しましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

家事代行とは

家事代行と聞いて「家政婦さんとなにが違うのだろう」「どんな仕事内容だろう」と疑問に思う人もいるでしょう。家事代行は家政婦さんやハウスクリーニング業者とは違います。具体的に家事代行はどのような仕事内容なのでしょう。

家事代行は家事のプロです。家事代行を提供している会社と雇用契約を結び、事前にマナーやプロの家事の研修を受けて各家庭へ派遣されます。そのため家事が苦手な人も安心してプロとして仕事ができます。仕事内容は、料理や掃除、洗濯や買い物など各家庭の希望に添って家事を行います。自分の得意分野を選んで仕事ができる会社もあります。

専門業者家政婦さんとの違いは雇用契約にあります。家政婦さんは紹介所を介して各家庭と直接契約するため、トラブルの時は家政婦さん自身が対応をすることが多いです。家事代行は家事代行を提供する会社と契約を結ぶので、各家庭とトラブルの場合は家事代行の会社が間に入って対応してくれるので心強いでしょう。

ハウスクリーニングとの違いは、家事代行は掃除に特化した専門業者ではない点です。専門業者は業務用洗剤や器具を用いて、専門的な技術で清掃します。家事代行は各家庭にある一般的な掃除用品を用いて掃除します。

家事代行は主婦ならではのスキルが活かせて、さらに家事のプロとしての技術を学べます。そして、そのスキルで「ありがとう」を言われる仕事です。最後に求人でチェックする点を紹介します。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

家事代行の求人選び

控除額の変更など政府は主婦が働くことを推奨していますが、主婦の仕事探しは容易ではありません。主婦におすすめの求人としてメディアなどで取り上げられる事の多い仕事に家事代行があります。実際に「普段やっている家事をするなら自分にもできるかも」と、興味を持った人もいるでしょう。では、家事代行の仕事内容や求人はどのような点に注目すればいいのでしょう。

家事代行家事代行は家事代行を提供する会社と雇用契約を結びます。マナーや家事の研修を受けたあと、家事のプロとして各家庭に派遣され、家庭の希望に添った家事のサポートを仕事として行います。清掃に特化したハウスクリーニングと違い、料理や掃除など多岐にわたりますが、自分が得意な内容のみを選べる会社もあります。基本的に各家庭にある道具で家事をします。各家庭と直接契約を結ぶ家政婦と違って、トラブルの時は会社が間に入って対処してくれます。

求人のチェック点は研修の有無や時給、勤務地や勤務時間の柔軟性などです。責任感やマナーが求められるので時給は1000円以上の会社が多く、指名の有無によって昇給していく会社もあります。低賃金だとモチベーションを保ち難くなる可能性があります。他人の家に仕事として入るので、マナーに加え、効率の良さなどプロとしての家事の仕方も必要です。事前にしっかりした研修があると、プロの家事スキルやマナーを身につけられます。家事が苦手な人も事前研修で安心して働けます。

家事代行は今までの家事経験を活かすことによって、人から感謝される仕事です。このサイトでは家事代行の仕事内容から求人のチェックポイントまで説明します。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket