家事代行とは

家事代行と聞いて「家政婦さんとなにが違うのだろう」「どんな仕事内容だろう」と疑問に思う人もいるでしょう。家事代行は家政婦さんやハウスクリーニング業者とは違います。具体的に家事代行はどのような仕事内容なのでしょう。

家事代行は家事のプロです。家事代行を提供している会社と雇用契約を結び、事前にマナーやプロの家事の研修を受けて各家庭へ派遣されます。そのため家事が苦手な人も安心してプロとして仕事ができます。仕事内容は、料理や掃除、洗濯や買い物など各家庭の希望に添って家事を行います。自分の得意分野を選んで仕事ができる会社もあります。

専門業者家政婦さんとの違いは雇用契約にあります。家政婦さんは紹介所を介して各家庭と直接契約するため、トラブルの時は家政婦さん自身が対応をすることが多いです。家事代行は家事代行を提供する会社と契約を結ぶので、各家庭とトラブルの場合は家事代行の会社が間に入って対応してくれるので心強いでしょう。

ハウスクリーニングとの違いは、家事代行は掃除に特化した専門業者ではない点です。専門業者は業務用洗剤や器具を用いて、専門的な技術で清掃します。家事代行は各家庭にある一般的な掃除用品を用いて掃除します。

家事代行は主婦ならではのスキルが活かせて、さらに家事のプロとしての技術を学べます。そして、そのスキルで「ありがとう」を言われる仕事です。最後に求人でチェックする点を紹介します。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket